相続の相談は中野行政書士ゆかわ事務所へ

 

行政書士ゆかわ事務所

 

 

トップ 

 

相続

 

遺言

 

後見 

 

家庭問題

 

報酬表

 

担当者紹介

 

連絡先

相続とは、故人名義の財産を引継ぐお手続きの事です。
相続財産には金融資産、不動産、お車、家具等の財産が含まれます。

 

財産を引き継ぐ相続人が複数いる場合、相続人で財産をどの様に分けるか?という意思を文章化した遺産分割協議書または、故人の生前の意思を表した遺言書が必要になります。

 

行政書士湯川事務所では相続手続きを相続人・相続財産調査から各種財産の名義変更手続きまでトータルでサポート致します。
不動産名義変更は司法書士、相続税の申告は税理士の先生をご紹介致します。

 

是非、相続の手続きは行政書士ゆかわ事務所まで、ご相談ください。

遺産分割協議書作成での進行スケジュール

 

初回面談

相続人調査

相続財産調査

遺産分割協議書作成

金融機関・不動産名義変更

遺言書で相続を行う場合の進行スケジュール

 

※(遺言書の検認、執行者の選任等)

遺言執行者就任

相続人調査

相続財産調査

金融機関・不動産名義変更

 

※自筆証書遺言の場合

相続人・相続財産調査(資料収集)

 

相続人を確定する為に、故人の出生〜死亡までの戸籍を取得する必要があります。その上で血縁関係、婚姻関係を確定し、相続関係説明図や法定相続情報のように図形化し、相続手続きで使用します。

 

戸籍は婚姻や離婚、戸籍の改製など、様々なタイミングで編成されます。
また、被相続人の相続人が兄弟である場合、先順位(故人の両親など)の死亡を確認できる戸籍を揃える必要があります。

 

相続人調査は最初のハードルと言えるでしょう。行政書士ゆかわ事務所では、相続人の調査からお手伝い致します。

 

また、相続財産の調査としては、金融機関に関しては残高証明書、不動産に関しては、不動産登記事項証明書などを取得し確定を行います。取得した書類は不動産の登記の時や相続税の申告の時にも使用しますので、的確な書類を取得する必要があります。

 

しかしながら、ご実家の権利証や固定資産の納税通知書が紛失していたり、遺品探しをしても見つからないケースもあります。この様なお困りのケースでもご相談ください。

故人の財産の名義変更手続き

 

・金融機関の手続き
大変なポイント→銀行は平日の昼間しか営業していない
お助けポイント→行政書士が代行致します!

 

・不動産の名義変更
 不動産の不動産の名義変更、いわゆる相続登記をおこなう必要があります。相続登記を放置していると急な売却や担保に入れるなどの際に、お手続きが間に合わない可能性があります。相続のタイミングですることをお勧めします。相続登記は司法書士の専門業務であり、当事務所のお付き合いのある司法書士を紹介致します。

 

 また、未登記家屋は資産税課等への届出が必要です。さらに森林や農地については、林野庁や農業委員会への届出が必要になります。これら届出に関しては、行政書士の業務ですので当事務所でお手手伝い致します。

相続税

 

 相続税とは、相続人が故人の財産を取得した場合に、相続財産の中から支払う税金の事です。課税割合、申告割合ともに約10%程度ですが、申告が必要な場合、高度な計算や財産の査定が必要になります。税理士の紹介も承っております。

 

page top